<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

仮設住宅へ

両親が仮設住宅に移れる事になりました

母から19日の日に電話がありました
新居の鍵は明日の23日に頂けるそうです
台風の被害も出ていた地域もありましたし、ご報告を控えていました

仮設住宅が決まっていない方がまだいらっしゃいます
一日も早く、先を見据えた生活ができますことをお祈り致します


それから3月に雄勝町の生存者の方のお名前を載せて頂いていました

今も誰かを探してアクセスくださっている方もいらっしゃるかと
なかなか消せずにそのままにしてありました

大切なおなまえでした。
明日を期に、生存者名簿の記事は削除させて頂こうと思います


詳しくはまた改めて書かせていただけたらと思います

安心してます
ありがとうございます
[PR]

by kikunomoyou | 2011-07-22 22:55  

台風は過ぎましたか?

台風被害が出ていました
お亡くなりになられた方がおひとり。

ご自宅から避難された地域の方もいらっしゃったそうで
伊勢湾付近にお住まいの方は怖い思いをされた事と思います

伊勢湾台風をご存知でしょうか
私は何となくしか知りませんでした
昭和34年9月26日、たくさんの方が犠牲になられた恐ろしい台風です
生まれる前の事とはいえ、詳しくは知らなかった事は良くないと思いました

歴史を知ることは大切だと思います
犠牲になられた方へのせめてもの生きている者の誠意だと思います

どなたかの子供で、どなたかのお母さんやお父さん
誰かのおじいちゃん、おばあちゃんだったひとが
あっという間に死ぬのだから。
その人は、わたしであって、友人であって、家族だったひとです

悲しいニュースが多いからと
悼ましい出来事に鈍いひとになってしまっては
いずれ淋しいひとになるでしょう

死んだひとには、どの時でも誠意を持って想いたいです



お久しぶりでした。

今夜はおやすみなさい
また明日。


d0200911_26892.jpg
[PR]

by kikunomoyou | 2011-07-22 02:20  

二十億光年の孤独

今夜は満月でしたね

琵琶みたいな色をした巨大な月でした

星。

菊蔵にはベランダで夜ご飯を食べてもらいました

一緒に私もビールとワインを飲みました

2時間程したらお隣の方が帰って来られたようだったので部屋に入りました

私の地球から見た今日の満月は、浮いているような、吊されているような、

私とは違和感たっぷりな月でした


これからも地球を見守っていて欲しいです



d0200911_020542.jpg




d0200911_0192039.jpg






菊蔵達はこの世界を正確に理解しているのかもしれない
[PR]

by kikunomoyou | 2011-07-16 01:44  

ノーヴェル

7月3日は大雨
夕方帰ってくるときには傘がさせないくらいの嵐になりました

この日は荷物も多くて 全身ずぶ濡れになちゃったので
自転車に鍵をかけないままマンションの駐輪所に停めて帰ってしまいました

次の日 駐輪所に行ったら自転車なくなちゃってたのね。

マンションには何台か防犯カメラが設置されていて
1階のエントランスにテレビモニターがあって
マンションの周りの映像がいつも映っています

すぐ不動産屋さんに連絡しようかと思ったけど
自転車の防犯登録をまだしていなかったこともあって
この日はとりあえず買った時の保証書を用意して
自転車が無くなった時間帯のメモしておきました


それから朝と夕方毎日駐輪所を見に行ってました

そしたら七夕の次の日に自転車があったんです
戻った自転車はなぜかキレイになっていて
誰かがこっそり戻してくれたんだ〜って思いました

不動産屋に連絡しなくて良かった
さっそく鍵をして、防犯登録も週末にしなくちゃ、ホント良かった〜
って、自転車をよく見たら鍵がしっかり2個も付いてるのね


しばらく事態を考えて。
酷いいじめに遭ってる気分になってきたので 部屋に戻りました

なんかの間違いかもと思い直してもう一回見に行ったけど
本当に起きてる事らしい


戦う気力は無いし、そんな事出来る人にかなうはずがないし、なんか怖い。
不動産屋さんに言っても何だかすご〜く迷惑かけそうだし
諦めることにしました


届いた日に自分で組み立てて記念撮影もしたんだよ

d0200911_14481725.jpg


「ノーヴェル」って名前をつけてました

見つからなくてもまた同じの買おうと思ってたのに
買えないぢゃん…

落ち込んだりなんかしちゃダメ。




悪い人。
[PR]

by kikunomoyou | 2011-07-14 21:00  

kikunohako

菊蔵暑いね


菊蔵はこんな感じで箱に入ってくれて

でもダンボール箱だとなんかちょっと、
捨てられた子みたいになっちゃって可哀想

d0200911_2194412.jpg



カッティングシートを貼ってみました

アイスノンを置いて

d0200911_704144.jpg


座布団のせて。
寝室にはクーラーがないので暑いです。

d0200911_70460.jpg


朝、菊蔵が起きたら清涼猫箱をリビングに移動して

アイスノンも変えて

菊蔵の朝ご飯は5時です。

ご飯を食べたらまた寝ます。

d0200911_18112094.jpg

d0200911_18103820.jpg


ねこの菊蔵の暑さ対策でした。

お久しぶりです。お元気でしたか?
[PR]

by kikunomoyou | 2011-07-13 22:04  

母のこれから

昨日姉の携帯に電話をしたら、母も一緒だったので話が出来ました

最近は仮設住宅に移られた方も多く避難所は静かなんだそうです

母はあまり社交的な人ではないし、脳梗塞をした父の体調もあまり良くなかったので

震災前はほとんどふたりきりで家で過ごすことが多かったです

電話でボランティアに来て下さっている方の話を聞きました

最近、高齢で片足の不自由な方がボランティアでいらしていたそうで

その方がいつもは着けているエプロンを着けていなかった日があったので

思い切って声をかけてみたら、横浜から来て下さっている方なんだそうで

白髪のその方はとても穏やかな方で、以前は牧師さんをなさっていたそうです

他のボランティアの方とも親しくお話させていただいてるようで

素晴らしい人がたくさん来てくださっているそうです

母にも出来る事をボランティアの方と一緒にさせていただいているそうです

母の声は久しぶりにとても明るく弾んでいて嬉しかったです

あまり人付き合いが得意ではなかった母がたくさん方と出逢い

素晴らしい経験をさせていただいています

仮設住宅に入ったら、パソコンを始める様に母に勧めました

始めは拒んでいましたが、励まし勧めていくうちにその気になってくれました

人生最後の自分への投資だと思って始めるべきだよって言いましたが

新たな人生の始まりに、プレゼントとして贈りたいと思います

家も家財もないことを恥じたり 自分は年老いた老人だと惨めになど思わず

知恵を付けて 自信を持って生きて欲しいです

父は5月に避難所で77歳になりました、母は73歳。

両親の人生があとどれくらい残っているのかと考えてしまいます

鍋とフライパンを使って料理を作って、夜は敷布団と掛け布団で眠って、

寝ている側を人が通らない生活を早くさせてあげたい

そんな事を想っていると、涙が出ます

母も時々は ひとり泣いているのかもしれません
[PR]

by kikunomoyou | 2011-07-06 20:20  

悲しい国

今、両親たちと姉家族、親戚や知人は国に支えられて生活しているので

政府への不満などは書かない様にしていました

自分は批判など出来る立場にはないと思っていましたし

どのような場所でも軽々しく政治批判などは決してしない様に気をつけてきました

両親や被災地の人たちを、これからも助けてくださる方達なのだからと

感謝こそしなければいけないと自分に言い聞かせてきました

きっと両親も同じ考えだと思います。


でもこんな国もう嫌です
[PR]

by kikunomoyou | 2011-07-04 18:20  

昨日は自転車で汗だくで帰って来て そのまま掃除をしました

梅雨明けしたようでお部屋もカラッとしていたので

久しぶりに家中の雑巾がけをしました 

梅雨の間はずっとクイックルワイパーだったのでさっぱりしました

やっぱり床は水拭きがいちばんですね

調子付いてガスコンロ、ガス回りも磨いて換気扇のフィルターも変えました

思いがけず掃除がはかどってしまいました

汗もたくさんかいて気持ちよかった

先週かな、清涼猫箱を作りました

っていってもただのダンボールなんですけど

タオルに包んだアイスノンを置いてその上にござを敷いただけです

冷凍庫はアイスノンと保冷剤でいっぱいです

菊蔵、少しは涼しいみたいで箱の中ですやすや眠ってくれます

猫顔の小窓付き

うつろな目をして小窓からこっちの様子をチラチラ覗いてきます

こわ可愛いです
[PR]

by kikunomoyou | 2011-07-02 11:22